南日本学生救急救命技術選手権


第6回 南日本学生救急救命技術選手権


開催日:平成30年11月24日(土)12時開会

会 場:帝京大学福岡医療技術学部(福岡県大牟田市岬町6-22)

 

出場校(予定/順不同) 

倉敷芸術科学大学生命科学部(1チーム)

東亜大学医療学部(1チーム)

帝京大学福岡医療技術学部(2チーム)

福岡医健・スポーツ専門学校(1チーム)

熊本総合医療リハビリテーション学院(1チーム)

SOLA沖縄保健医療工学院(1チーム)


第5回 南日本学生救急救命技術選手権(終了)


開催日:平成29年11月25日(土)

会 場:熊本総合医療リハビリテーション学院 2号館

 

本年度から中国地方と九州沖縄地方を「南日本大会」に再編し開催しました。秋晴れの中、5校から計8チームが出場し熱戦を繰り広げました。見学者も100名以上にお越しいただき、ありがとうございました。競技終了後は交流会で大いに盛り上がりました。

 

出場校(順不同) 

倉敷芸術科学大学生命科学部(1チーム)

帝京大学福岡医療技術学部(2チーム)

福岡医健専門学校(2チーム)

SOLA沖縄保健医療工学院(2チーム)

熊本総合医療リハビリテーション学院(1チーム)


 

総合成績

第1位 熊本総合医療リハビリテーション学院「熊リハ救急」

第2位 帝京大学福岡医療技術学部「帝京福岡救急1」

第3位 SOLA沖縄保健医療工学院「SOLA救急 1」

 

ステージ別順位

第1ステージ(多数傷病者)

第1位 熊本総合医療リハビリテーション学院「熊リハ救急」

第2位 帝京大学福岡医療技術学部「帝京福岡救急1」

第3位 SOLA沖縄保健医療工学院「SOLA救急1」

 

第2ステージ(心肺停止)

第1位 熊本総合医療リハビリテーション学院「熊リハ救急」

第2位 倉敷芸術技術大学「Kurashiki救急隊」

第3位 SOLA沖縄保健医療工学院「SOLA救急1」

 

第3ステージ(外傷)

第1位 福岡医健専門学校「医健救急1」

第2位 SOLA沖縄保健医療工学院「SOLA救急1」

第3位 SOLA沖縄保健医療工学院「SOLA救急2」

 

第4ステージ(内因性疾患)

第1位 熊本総合医療リハビリテーション学院「熊リハ救急」

第2位 帝京大学福岡医療技術学部「帝京福岡救急1」

第3位 SOLA沖縄保健医療工学院「SOLA救急1」

 

スペシャルステージ(心肺蘇生評価)

第1位 帝京大学福岡医療技術学部「帝京福岡救急2」

第2位 帝京大学福岡医療技術学部「帝京福岡救急1」

第3位 倉敷芸術技術大学「Kurashiki救急隊」

 

----------------------- 

協賛(順不同)

住友理工株式会社、株式会社高研、株式会社フィリップス・ジャパン、レールダルメディカルジャパン株式会社、フィジオコントロールジャパン株式会社、旭化成ゾールメディカル株式会社、セコム医療システム株式会社、日本光電工業株式会社、サントリービバレッジサービス株式会社

-----------------------  

協力

熊本外傷セミナー事務局


九州山口大会開催履歴


※九州山口大会は平成29年度に再編し、名称を「南日本大会」に変更しました。

 

第4回

開催日:平成28年年11月26日(土)

会 場:SOLA沖縄保健医療工学院

総合成績

第1位 熊本総合医療リハビリテーション学院「熊リハ救急 2」

第2位 SOLA沖縄保健医療工学院「SOLA救急隊 2」

第3位 SOLA沖縄保健医療工学院「SOLA救急隊 1」

 

第3回

開催日:平成27年11月22日(日)

会 場:福岡医健専門学校

総合成績

第1位 熊本総合医療リハビリテーション学院「熊リハ救急 2」

第2位 福岡医健専門学校「医健A」

第3位 SORA沖縄保健医療工学院「SOLA救急隊 1」

 

第2回

開催日:平成26年11月23日(日)

会 場:東亜大学

総合成績

第1位 熊本総合医療リハビリテーション学院「熊リハ救急隊」

第2位 福岡医健専門学校「医健救急1」

第3位 東亜大学「救急東亜2」

 

第1回

開催日:平成24年12月16日(日)

会 場:熊本総合医療リハビリテーション学院

総合成績

第1位 熊本総合医療リハビリテーション学院「熊リハ救急 2」

第2位 熊本総合医療リハビリテーション学院「熊リハ救急 1」

第3位 東亜大学「東亜大学救急救命コース」